万葉集1428番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1428番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1428番について

歌番号

1428番

原文

忍照|難波乎過而|打靡|草香乃山乎|暮晩尓|吾越来者|山毛世尓|咲有馬酔木乃|不悪|君乎何時|徃而早将見

訓読

おしてる|難波を過ぎて|うち靡く|草香の山を|夕暮れに|我が越え来れば|山も狭に|咲ける馬酔木の|悪しからぬ|君をいつしか|行きて早見む

かな読み

おしてる|なにはをすぎて|うちなびく|くさかのやまを|ゆふぐれに|わがこえくれば|やまもせに|さけるあしびの|あしからぬ|きみをいつしか|ゆきてはやみむ

カタカナ読み

オシテル|ナニハヲスギテ|ウチナビク|クサカノヤマヲ|ユフグレニ|ワガコエクレバ|ヤマモセニ|サケルアシビノ|アシカラヌ|キミヲイツシカ|ユキテハヤミム

ローマ字読み|大文字

OSHITERU|NANIHAOSUGITE|UCHINABIKU|KUSAKANOYAMAO|YUFUGURENI|WAGAKOEKUREBA|YAMAMOSENI|SAKERUASHIBINO|ASHIKARANU|KIMIOITSUSHIKA|YUKITEHAYAMIMU

ローマ字読み|小文字

oshiteru|nanihaosugite|uchinabiku|kusakanoyamao|yufugureni|wagakoekureba|yamamoseni|sakeruashibino|ashikaranu|kimioitsushika|yukitehayamimu

左注|左註

右一首依作者微不顕名字

事項|分類・ジャンル

春雑歌|東大阪市日下町|生駒山|羈旅|望郷|恋情|地名|植物|枕詞

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

おしてる[寛],
なにはをすぎて,[寛]なにはをすきて,
うちなびく,[寛]うちなひく,
くさかのやまを[寛],
ゆふぐれに,[寛]ゆふくれに,
わがこえくれば,[寛]わかこえくれは,
やまもせに[寛],
さけるあしびの,[寛]さけるつつしの,
あしからぬ,[寛]にくからぬ,
きみをいつしか[寛],
ゆきてはやみむ[寛],

巻数

第8巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました