万葉集1504番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1504番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1504番について

歌番号

1504番

原文

暇無|五月乎尚尓|吾妹兒我|花橘乎|不見可将過

訓読

暇なみ五月をすらに我妹子が花橘を見ずか過ぎなむ

かな読み

いとまなみ|さつきをすらに|わぎもこが|はなたちばなを|みずかすぎなむ

カタカナ読み

イトマナミ|サツキヲスラニ|ワギモコガ|ハナタチバナヲ|ミズカスギナム

ローマ字読み|大文字

ITOMANAMI|SATSUKIOSURANI|WAGIMOKOGA|HANATACHIBANAO|MIZUKASUGINAMU

ローマ字読み|小文字

itomanami|satsukiosurani|wagimokoga|hanatachibanao|mizukasuginamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏相聞|大原高安|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

いとまなみ,[寛]いとまなき,
さつきをすらに,[寛]さつきをひさに,
わぎもこが,[寛]わきもこか,
はなたちばなを,[寛]はなたちはなを,
みずかすぎなむ,[寛]みすかすくさむ,

巻数

第8巻

作者

高安王

タイトルとURLをコピーしました