万葉集1593番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1593番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1593番について

歌番号

1593番

原文

隠口乃|始瀬山者|色附奴|<鍾>礼乃雨者|零尓家良思母

訓読

隠口の泊瀬の山は色づきぬ時雨の雨は降りにけらしも

かな読み

こもりくの|はつせのやまは|いろづきぬ|しぐれのあめは|ふりにけらしも

カタカナ読み

コモリクノ|ハツセノヤマハ|イロヅキヌ|シグレノアメハ|フリニケラシモ

ローマ字読み|大文字

KOMORIKUNO|HATSUSENOYAMAHA|IROZUKINU|SHIGURENOAMEHA|FURINIKERASHIMO

ローマ字読み|小文字

komorikuno|hatsusenoyamaha|irozukinu|shigurenoameha|furinikerashimo

左注|左註

右天平十一年己卯秋九月作

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|奈良県|桜井市|天平11年9月年紀|季節

校異

鐘->鍾【類】【矢】

寛永版本

こもりくの[寛],
はつせのやまは[寛],
いろづきぬ,[寛]いろつきぬ,
しぐれのあめは,[寛]しくれのあめは,
ふりにけらしも[寛],

巻数

第8巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました