万葉集1646番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1646番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1646番について

歌番号

1646番

原文

夜干玉乃|今夜之雪尓|率所沾名|将開朝尓|消者惜家牟

訓読

ぬばたまの今夜の雪にいざ濡れな明けむ朝に消なば惜しけむ

かな読み

ぬばたまの|こよひのゆきに|いざぬれな|あけむあしたに|けなばをしけむ

カタカナ読み

ヌバタマノ|コヨヒノユキニ|イザヌレナ|アケムアシタニ|ケナバヲシケム

ローマ字読み|大文字

NUBATAMANO|KOYOHINOYUKINI|IZANURENA|AKEMUASHITANI|KENABAOSHIKEMU

ローマ字読み|小文字

nubatamano|koyohinoyukini|izanurena|akemuashitani|kenabaoshikemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|枕詞

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
こよひのゆきに[寛],
いざぬれな,[寛]いさぬれな,
あけむあしたに[寛],
けなばをしけむ,[寛]けなはをしけむ,

巻数

第8巻

作者

小治田東麻呂

タイトルとURLをコピーしました