万葉集1427番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1427番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1427番について

歌番号

1427番

原文

従明日者|春菜将採跡|標之野尓|昨日毛今日<母>|雪波布利管

訓読

明日よりは春菜摘まむと標めし野に昨日も今日も雪は降りつつ

かな読み

あすよりは|はるなつまむと|しめしのに|きのふもけふも|ゆきはふりつつ

カタカナ読み

アスヨリハ|ハルナツマムト|シメシノニ|キノフモケフモ|ユキハフリツツ

ローマ字読み|大文字

ASUYORIHA|HARUNATSUMAMUTO|SHIMESHINONI|KINOFUMOKEFUMO|YUKIHAFURITSUTSU

ローマ字読み|小文字

asuyoriha|harunatsumamuto|shimeshinoni|kinofumokefumo|yukihafuritsutsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|野遊び|比喩

校異

毛->母【類】【紀】

寛永版本

あすよりは[寛],
はるなつまむと,[寛]わかなつまむと,
しめしのに[寛],
きのふもけふも[寛],
ゆきはふりつつ[寛],

巻数

第8巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました