万葉集1632番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1632番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1632番について

歌番号

1632番

原文

足日木乃|山邊尓居而|秋風之|日異吹者|妹乎之曽念

訓読

あしひきの山辺に居りて秋風の日に異に吹けば妹をしぞ思ふ

かな読み

あしひきの|やまへにをりて|あきかぜの|ひにけにふけば|いもをしぞおもふ

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマヘニヲリテ|アキカゼノ|ヒニケニフケバ|イモヲシゾオモフ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMAHENIORITE|AKIKAZENO|HINIKENIFUKEBA|IMOSHIZOMOFU

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamaheniorite|akikazeno|hinikenifukeba|imoshizomofu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|坂上大嬢|久邇京|恋情|京都

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あしひきの[寛],
やまへにをりて[寛],
あきかぜの,[寛]あきかせの,
ひにけにふけば,[寛]ひにけにふけは,
いもをしぞおもふ,[寛]いもをしそおもふ,

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました