万葉集1602番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1602番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1602番について

歌番号

1602番

原文

山妣姑乃|相響左右|妻戀尓|鹿鳴山邊尓|獨耳為手

訓読

山彦の相響むまで妻恋ひに鹿鳴く山辺に独りのみして

かな読み

やまびこの|あひとよむまで|つまごひに|かなくやまへに|ひとりのみして

カタカナ読み

ヤマビコノ|アヒトヨムマデ|ツマゴヒニ|カナクヤマヘニ|ヒトリノミシテ

ローマ字読み|大文字

YAMABIKONO|AHITOYOMUMADE|TSUMAGOHINI|KANAKUYAMAHENI|HITORINOMISHITE

ローマ字読み|小文字

yamabikono|ahitoyomumade|tsumagohini|kanakuyamaheni|hitorinomishite

左注|左註

右二首天平十五年癸未八月十六日作

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|天平15年8月16日年紀|孤独|恋情|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

やまびこの,[寛]やまひこの,
あひとよむまで,[寛]あひとよむまて,
つまごひに,[寛]つまこひに,
かなくやまへに,[寛]しかなくやまへに,
ひとりのみして[寛],

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました