万葉集1613番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1613番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1613番について

歌番号

1613番

原文

秋野乎|旦徃鹿乃|跡毛奈久|念之君尓|相有今夜香

訓読

秋の野を朝行く鹿の跡もなく思ひし君に逢へる今夜か

かな読み

あきののを|あさゆくしかの|あともなく|おもひしきみに|あへるこよひか

カタカナ読み

アキノノヲ|アサユクシカノ|アトモナク|オモヒシキミニ|アヘルコヨヒカ

ローマ字読み|大文字

AKINONO|ASAYUKUSHIKANO|ATOMONAKU|OMOHISHIKIMINI|AHERUKOYOHIKA

ローマ字読み|小文字

akinono|asayukushikano|atomonaku|omohishikimini|aherukoyohika

左注|左註

右歌或云椋橋部女王作|或云笠縫女王作

事項|分類・ジャンル

秋相聞|長屋王|阿倍朝臣|異伝|椋橋部女王|笠縫女王|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あきののを[寛],
あさゆくしかの[寛],
あともなく[寛],
おもひしきみに[寛],
あへるこよひか[寛],

巻数

第8巻

作者

賀茂女王

タイトルとURLをコピーしました