万葉集1643番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1643番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1643番について

歌番号

1643番

原文

天霧之|雪毛零奴可|灼然|此五柴尓|零巻乎将見

訓読

天霧らし雪も降らぬかいちしろくこのいつ柴に降らまくを見む

かな読み

あまぎらし|ゆきもふらぬか|いちしろく|このいつしばに|ふらまくをみむ

カタカナ読み

アマギラシ|ユキモフラヌカ|イチシロク|コノイツシバニ|フラマクヲミム

ローマ字読み|大文字

AMAGIRASHI|YUKIMOFURANUKA|ICHISHIROKU|KONOITSUSHIBANI|FURAMAKUOMIMU

ローマ字読み|小文字

amagirashi|yukimofuranuka|ichishiroku|konoitsushibani|furamakuomimu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あまぎらし,[寛]あまきりし,
ゆきもふらぬか[寛],
いちしろく[寛],
このいつしばに,[寛]このいつしはに,
ふらまくをみむ[寛],

巻数

第8巻

作者

若桜部君足

タイトルとURLをコピーしました