万葉集1446番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1446番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1446番について

歌番号

1446番

原文

春野尓|安佐留雉乃|妻戀尓|己我當乎|人尓令知管

訓読

春の野にあさる雉の妻恋ひにおのがあたりを人に知れつつ

かな読み

はるののに|あさるきぎしの|つまごひに|おのがあたりを|ひとにしれつつ

カタカナ読み

ハルノノニ|アサルキギシノ|ツマゴヒニ|オノガアタリヲ|ヒトニシレツツ

ローマ字読み|大文字

HARUNONONI|ASARUKIGISHINO|TSUMAGOHINI|ONOGAATARIO|HITONISHIRETSUTSU

ローマ字読み|小文字

harunononi|asarukigishino|tsumagohini|onogaatario|hitonishiretsutsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|動物

校異

養->春【西(訂正)】【紀】【温】【矢】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

はるののに,[寛]はるのに,
あさるきぎしの,[寛]あさるききすの,
つまごひに,[寛]つまこひに,
おのがあたりを,[寛]おのかあたりを,
ひとにしれつつ[寛],

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました