万葉集1457番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1457番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1457番について

歌番号

1457番

原文

此花乃|一与能裏波|百種乃|言持不勝而|所折家良受也

訓読

この花の一節のうちは百種の言待ちかねて折らえけらずや

かな読み

このはなの|ひとよのうちは|ももくさの|ことまちかねて|をらえけらずや

カタカナ読み

コノハナノ|ヒトヨノウチハ|モモクサノ|コトマチカネテ|ヲラエケラズヤ

ローマ字読み|大文字

KONOHANANO|HITOYONOCHIHA|MOMOKUSANO|KOTOMACHIKANETE|ORAEKERAZUYA

ローマ字読み|小文字

konohanano|hitoyonochiha|momokusano|kotomachikanete|oraekerazuya

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|藤原広嗣|和歌|贈答

校異

歌【西】謌

寛永版本

このはなの[寛],
ひとよのうちは[寛],
ももくさの[寛],
ことまちかねて,[寛]こともちかねて,
をらえけらずや,[寛]をられけらすや,

巻数

第8巻

作者

娘子

タイトルとURLをコピーしました