万葉集1623番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1623番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1623番について

歌番号

1623番

原文

吾屋戸尓|黄變蝦手|毎見|妹乎懸管|不戀日者無

訓読

我が宿にもみつ蝦手見るごとに妹を懸けつつ恋ひぬ日はなし

かな読み

わがやどに|もみつかへるて|みるごとに|いもをかけつつ|こひぬひはなし

カタカナ読み

ワガヤドニ|モミツカヘルテ|ミルゴトニ|イモヲカケツツ|コヒヌヒハナシ

ローマ字読み|大文字

WAGAYADONI|MOMITSUKAHERUTE|MIRUGOTONI|IMOKAKETSUTSU|KOHINUHIHANASHI

ローマ字読み|小文字

wagayadoni|momitsukaherute|mirugotoni|imokaketsutsu|kohinuhihanashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|坂上大嬢|贈答|与歌|植物

校異

特に無し

寛永版本

わがやどに,[寛]わかやとに,
もみつかへるて,[寛]もみつるかへて,
みるごとに,[寛]みることに,
いもをかけつつ[寛],
こひぬひはなし[寛],

巻数

第8巻

作者

田村大嬢

タイトルとURLをコピーしました