万葉集1490番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1490番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1490番について

歌番号

1490番

原文

霍公鳥|雖待不来喧|<菖>蒲草|玉尓貫日乎|未遠美香

訓読

霍公鳥待てど来鳴かず菖蒲草玉に貫く日をいまだ遠みか

かな読み

ほととぎす|まてどきなかず|あやめぐさ|たまにぬくひを|いまだとほみか

カタカナ読み

ホトトギス|マテドキナカズ|アヤメグサ|タマニヌクヒヲ|イマダトホミカ

ローマ字読み|大文字

HOTOTOGISU|MATEDOKINAKAZU|AYAMEGUSA|TAMANINUKUHIO|IMADATOHOMIKA

ローマ字読み|小文字

hototogisu|matedokinakazu|ayamegusa|tamaninukuhio|imadatohomika

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|動物|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|->菖【代匠記初稿本】

寛永版本

ほととぎす,[寛]ほとときす,
まてどきなかず,[寛]まてときなかぬ,
あやめぐさ,[寛]あやめくさ,
たまにぬくひを[寛],
いまだとほみか,[寛]いまたとほみか,

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました