万葉集1449番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1449番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1449番について

歌番号

1449番

原文

茅花抜|淺茅之原乃|都保須美礼|今盛有|吾戀苦波

訓読

茅花抜く浅茅が原のつほすみれ今盛りなり我が恋ふらくは

かな読み

つばなぬく|あさぢがはらの|つほすみれ|いまさかりなり|あがこふらくは

カタカナ読み

ツバナヌク|アサヂガハラノ|ツホスミレ|イマサカリナリ|アガコフラクハ

ローマ字読み|大文字

TSUBANANUKU|ASAJIGAHARANO|TSUHOSUMIRE|IMASAKARINARI|AGAKOFURAKUHA

ローマ字読み|小文字

tsubananuku|asajigaharano|tsuhosumire|imasakarinari|agakofurakuha

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|坂上大嬢|贈答|恋情|植物

校異

毛->之【代匠記初稿本】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

つばなぬく,[寛]つはなぬく,
あさぢがはらの,[寛]あさちかはらの,
つほすみれ[寛],
いまさかりなり,[寛]いまさかりあり,
あがこふらくは,[寛]わかこふらくは,

巻数

第8巻

作者

田村大嬢

タイトルとURLをコピーしました