万葉集1550番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1550番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1550番について

歌番号

1550番

原文

秋芽之|落乃乱尓|呼立而|鳴奈流鹿之|音遥者

訓読

秋萩の散りの乱ひに呼びたてて鳴くなる鹿の声の遥けさ

かな読み

あきはぎの|ちりのまがひに|よびたてて|なくなるしかの|こゑのはるけさ

カタカナ読み

アキハギノ|チリノマガヒニ|ヨビタテテ|ナクナルシカノ|コヱノハルケサ

ローマ字読み|大文字

AKIHAGINO|CHIRINOMAGAHINI|YOBITATETE|NAKUNARUSHIKANO|KOENOHARUKESA

ローマ字読み|小文字

akihagino|chirinomagahini|yobitatete|nakunarushikano|koenoharukesa

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物|動物|叙景

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あきはぎの,[寛]あきはきの,
ちりのまがひに,[寛]ちりのまかひに,
よびたてて,[寛]よひたてて,
なくなるしかの[寛],
こゑのはるけさ[寛],

巻数

第8巻

作者

湯原王

タイトルとURLをコピーしました