万葉集1626番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1626番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1626番について

歌番号

1626番

原文

秋風之|寒比日|下尓将服|妹之形見跡|可都毛思努播武

訓読

秋風の寒きこのころ下に着む妹が形見とかつも偲はむ

かな読み

あきかぜの|さむきこのころ|したにきむ|いもがかたみと|かつもしのはむ

カタカナ読み

アキカゼノ|サムキコノコロ|シタニキム|イモガカタミト|カツモシノハム

ローマ字読み|大文字

AKIKAZENO|SAMUKIKONOKORO|SHITANIKIMU|IMOGAKATAMITO|KATSUMOSHINOHAMU

ローマ字読み|小文字

akikazeno|samukikonokoro|shitanikimu|imogakatamito|katsumoshinohamu

左注|左註

右三首天平十一年己卯秋九月徃来

事項|分類・ジャンル

秋相聞|贈答|天平11年9月年紀

校異

又【西(上書訂正)】【紀】【温】【矢】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あきかぜの,[寛]あきかせの,
さむきこのころ[寛],
したにきむ[寛],
いもがかたみと,[寛]いもかかたみと,
かつもしのはむ[寛],

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました