万葉集1582番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1582番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1582番について

歌番号

1582番

原文

<希>将見|人尓令見跡|黄葉乎|手折曽我来師|雨零久仁

訓読

めづらしき人に見せむと黄葉を手折りぞ我が来し雨の降らくに

かな読み

めづらしき|ひとにみせむと|もみちばを|たをりぞわがこし|あめのふらくに

カタカナ読み

メヅラシキ|ヒトニミセムト|モミチバヲ|タヲリゾワガコシ|アメノフラクニ

ローマ字読み|大文字

MEZURASHIKI|HITONIMISEMUTO|MOMICHIBAO|TAORIZOWAGAKOSHI|AMENOFURAKUNI

ローマ字読み|小文字

mezurashiki|hitonimisemuto|momichibao|taorizowagakoshi|amenofurakuni

左注|左註

右二首橘朝臣奈良麻呂|以前冬十月十七日集於右大臣橘卿之舊宅宴飲也

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|宴席|天平10年10月17日年紀|植物

校異

布->希【万葉集略解】

寛永版本

めづらしき,[寛]しきてみむ,
ひとにみせむと[寛],
もみちばを,[寛]もみちはを,
たをりぞわがこし,[寛]たをりそわかこし,
あめのふらくに[寛],

巻数

第8巻

作者

橘奈良麻呂

タイトルとURLをコピーしました