万葉集1556番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1556番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1556番について

歌番号

1556番

原文

秋田苅|借蘆毛未壊者|鴈鳴寒|霜毛置奴我二

訓読

秋田刈る仮廬もいまだ壊たねば雁が音寒し霜も置きぬがに

かな読み

あきたかる|かりいほもいまだ|こほたねば|かりがねさむし|しももおきぬがに

カタカナ読み

アキタカル|カリイホモイマダ|コホタネバ|カリガネサムシ|シモモオキヌガニ

ローマ字読み|大文字

AKITAKARU|KARIIHOMOIMADA|KOHOTANEBA|KARIGANESAMUSHI|SHIMOMOKINUGANI

ローマ字読み|小文字

akitakaru|kariihomoimada|kohotaneba|kariganesamushi|shimomokinugani

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物|季節

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あきたかる[寛],
かりいほもいまだ,[寛]かりいほもいまた,
こほたねば,[寛]こほたねは,
かりがねさむし,[寛]かりかねさむし,
しももおきぬがに,[寛]しももおきぬかに,

巻数

第8巻

作者

忌部黒麻呂

タイトルとURLをコピーしました