万葉集1434番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1434番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1434番について

歌番号

1434番

原文

霜雪毛|未過者|不思尓|春日里尓|梅花見都

訓読

霜雪もいまだ過ぎねば思はぬに春日の里に梅の花見つ

かな読み

しもゆきも|いまだすぎねば|おもはぬに|かすがのさとに|うめのはなみつ

カタカナ読み

シモユキモ|イマダスギネバ|オモハヌニ|カスガノサトニ|ウメノハナミツ

ローマ字読み|大文字

SHIMOYUKIMO|IMADASUGINEBA|OMOHANUNI|KASUGANOSATONI|UMENOHANAMITSU

ローマ字読み|小文字

shimoyukimo|imadasugineba|omohanuni|kasuganosatoni|umenohanamitsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|奈良|春日|地名|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

しもゆきも[寛],
いまだすぎねば,[寛]いまたすきねは,
おもはぬに,[寛]おもはすに,
かすがのさとに,[寛]かすかのさとに,
うめのはなみつ[寛],

巻数

第8巻

作者

大伴三林

タイトルとURLをコピーしました