万葉集1587番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1587番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1587番について

歌番号

1587番

原文

足引乃|山之黄葉|今夜毛加|浮去良武|山河之瀬尓

訓読

あしひきの山の黄葉今夜もか浮かび行くらむ山川の瀬に

かな読み

あしひきの|やまのもみちば|こよひもか|うかびゆくらむ|やまがはのせに

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマノモミチバ|コヨヒモカ|ウカビユクラム|ヤマガハノセニ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMANOMOMICHIBA|KOYOHIMOKA|UKABIYUKURAMU|YAMAGAHANOSENI

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamanomomichiba|koyohimoka|ukabiyukuramu|yamagahanoseni

左注|左註

右一首大伴宿祢書持|以前冬十月十七日集於右大臣橘卿之舊宅宴飲也

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|橘奈良麻呂|宴席|天平10年10月17日|植物

校異

特に無し

寛永版本

あしひきの[寛],
やまのもみちば,[寛]やまのもみちは,
こよひもか[寛],
うかびゆくらむ,[寛]うきていぬらむ,
やまがはのせに,[寛]やまかはのせに,

巻数

第8巻

作者

大伴書持

タイトルとURLをコピーしました