万葉集1552番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1552番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1552番について

歌番号

1552番

原文

暮月夜|心毛思努尓|白露乃|置此庭尓|蟋蟀鳴毛

訓読

夕月夜心もしのに白露の置くこの庭にこほろぎ鳴くも

かな読み

ゆふづくよ|こころもしのに|しらつゆの|おくこのにはに|こほろぎなくも

カタカナ読み

ユフヅクヨ|ココロモシノニ|シラツユノ|オクコノニハニ|コホロギナクモ

ローマ字読み|大文字

YUFUZUKUYO|KOKOROMOSHINONI|SHIRATSUYUNO|OKUKONONIHANI|KOHOROGINAKUMO

ローマ字読み|小文字

yufuzukuyo|kokoromoshinoni|shiratsuyuno|okukononihani|kohoroginakumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物|季節|叙景

校異

特に無し

寛永版本

ゆふづくよ,[寛]ゆふつくよ,
こころもしのに[寛],
しらつゆの[寛],
おくこのにはに[寛],
こほろぎなくも,[寛]きりきりすなくも,

巻数

第8巻

作者

湯原王

タイトルとURLをコピーしました