万葉集1530番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1530番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1530番について

歌番号

1530番

原文

娘部思|秋芽子交|蘆城野|今日乎始而|萬代尓将見

訓読

をみなへし秋萩交る蘆城の野今日を始めて万世に見む

かな読み

をみなへし|あきはぎまじる|あしきのの|けふをはじめて|よろづよにみむ

カタカナ読み

ヲミナヘシ|アキハギマジル|アシキノノ|ケフヲハジメテ|ヨロヅヨニミム

ローマ字読み|大文字

OMINAHESHI|AKIHAGIMAJIRU|ASHIKINONO|KEFUOHAJIMETE|YOROZUYONIMIMU

ローマ字読み|小文字

ominaheshi|akihagimajiru|ashikinono|kefuohajimete|yorozuyonimimu

左注|左註

右二首作者未詳

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|福岡県|太宰府|宴席|土地讃美|地名|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

をみなへし[寛],
あきはぎまじる,[寛]あきはきましり,
あしきのの,[寛]あしきのは,
けふをはじめて,[寛]けふをはしめて,
よろづよにみむ,[寛]よろつよにみむ,

巻数

第8巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました