万葉集1471番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1471番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1471番について

歌番号

1471番

原文

戀之家婆|形見尓将為跡|吾屋戸尓|殖之藤浪|今開尓家里

訓読

恋しけば形見にせむと我がやどに植ゑし藤波今咲きにけり

かな読み

こひしけば|かたみにせむと|わがやどに|うゑしふぢなみ|いまさきにけり

カタカナ読み

コヒシケバ|カタミニセムト|ワガヤドニ|ウヱシフヂナミ|イマサキニケリ

ローマ字読み|大文字

KOHISHIKEBA|KATAMINISEMUTO|WAGAYADONI|UESHIFUJINAMI|IMASAKINIKERI

ローマ字読み|小文字

kohishikeba|kataminisemuto|wagayadoni|ueshifujinami|imasakinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|恋情|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

こひしけば,[寛]こひしけは,
かたみにせむと[寛],
わがやどに,[寛]わかやとに,
うゑしふぢなみ,[寛]うえしふちなみ,
いまさきにけり[寛],

巻数

第8巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました