万葉集1475番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1475番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1475番について

歌番号

1475番

原文

何奇毛|幾許戀流|霍公鳥|鳴音聞者|戀許曽益礼

訓読

何しかもここだく恋ふる霍公鳥鳴く声聞けば恋こそまされ

かな読み

なにしかも|ここだくこふる|ほととぎす|なくこゑきけば|こひこそまされ

カタカナ読み

ナニシカモ|ココダクコフル|ホトトギス|ナクコヱキケバ|コヒコソマサレ

ローマ字読み|大文字

NANISHIKAMO|KOKODAKUKOFURU|HOTOTOGISU|NAKUKOEKIKEBA|KOHIKOSOMASARE

ローマ字読み|小文字

nanishikamo|kokodakukofuru|hototogisu|nakukoekikeba|kohikosomasare

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|恋情|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|奇【類】【温】哥

寛永版本

なにしかも[寛],
ここだくこふる,[寛]ここはくこふる,
ほととぎす,[寛]ほとときす,
なくこゑきけば,[寛]なくこゑきけは,
こひこそまされ[寛],

巻数

第8巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました