万葉集1167番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1167番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1167番について

歌番号

1167番

原文

朝入為等|礒尓吾見之|莫告藻乎|誰嶋之|白水郎可将苅

訓読

あさりすと礒に我が見しなのりそをいづれの島の海人か刈りけむ

かな読み

あさりすと|いそにわがみし|なのりそを|いづれのしまの|あまかかりけむ

カタカナ読み

アサリスト|イソニワガミシ|ナノリソヲ|イヅレノシマノ|アマカカリケム

ローマ字読み|大文字

ASARISUTO|ISONIWAGAMISHI|NANORISO|IZURENOSHIMANO|AMAKAKARIKEMU

ローマ字読み|小文字

asarisuto|isoniwagamishi|nanoriso|izurenoshimano|amakakarikemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|植物|比喩

校異

特に無し

寛永版本

あさりすと[寛],
いそにわがみし,[寛]いそにわかみし,
なのりそを[寛],
いづれのしまの,[寛]いつれのしまの,
あまかかりけむ,[寛]あまかかるらむ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました