万葉集1407番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1407番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1407番について

歌番号

1407番

原文

隠口乃|泊瀬山尓|霞立|棚引雲者|妹尓鴨在武

訓読

隠口の泊瀬の山に霞立ちたなびく雲は妹にかもあらむ

かな読み

こもりくの|はつせのやまに|かすみたち|たなびくくもは|いもにかもあらむ

カタカナ読み

コモリクノ|ハツセノヤマニ|カスミタチ|タナビククモハ|イモニカモアラム

ローマ字読み|大文字

KOMORIKUNO|HATSUSENOYAMANI|KASUMITACHI|TANABIKUKUMOHA|IMONIKAMOARAMU

ローマ字読み|小文字

komorikuno|hatsusenoyamani|kasumitachi|tanabikukumoha|imonikamoaramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|奈良|初瀬|地名

校異

特に無し

寛永版本

こもりくの[寛],
はつせのやまに[寛],
かすみたち[寛],
たなびくくもは,[寛]たなひくくもは,
いもにかもあらむ[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました