万葉集1375番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1375番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1375番について

歌番号

1375番

原文

朝霜之|消安命|為誰|千歳毛欲得跡|吾念莫國

訓読

朝霜の消やすき命誰がために千年もがもと我が思はなくに

かな読み

あさしもの|けやすきいのち|たがために|ちとせもがもと|わがおもはなくに

カタカナ読み

アサシモノ|ケヤスキイノチ|タガタメニ|チトセモガモト|ワガオモハナクニ

ローマ字読み|大文字

ASASHIMONO|KEYASUKIINOCHI|TAGATAMENI|CHITOSEMOGAMOTO|WAGAOMOHANAKUNI

ローマ字読み|小文字

asashimono|keyasukiinochi|tagatameni|chitosemogamoto|wagaomohanakuni

左注|左註

右一首者不有譬喩歌類也|但闇夜歌人所心之故並作此歌|因以此歌載於此次

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|枕詞

校異

譬喩歌【西】譬喩謌【西(訂正)】譬喩歌|作此歌【西】作此謌【西(訂正)】作此歌

寛永版本

あさしもの[寛],
けやすきいのち[寛],
たがために,[寛]たかために,
ちとせもがもと,[寛]ちとせもかなと,
わがおもはなくに,[寛]わかおもはなくに,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました