万葉集1223番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1223番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1223番について

歌番号

1223番

原文

綿之底|奥己具舟乎|於邊将因|風毛吹額|波不立而

訓読

海の底沖漕ぐ舟を辺に寄せむ風も吹かぬか波立てずして

かな読み

わたのそこ|おきこぐふねを|へによせむ|かぜもふかぬか|なみたてずして

カタカナ読み

ワタノソコ|オキコグフネヲ|ヘニヨセム|カゼモフカヌカ|ナミタテズシテ

ローマ字読み|大文字

WATANOSOKO|OKIKOGUFUNEO|HENIYOSEMU|KAZEMOFUKANUKA|NAMITATEZUSHITE

ローマ字読み|小文字

watanosoko|okikogufuneo|heniyosemu|kazemofukanuka|namitatezushite

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

わたのそこ[寛],
おきこぐふねを,[寛]おきこくふねを,
へによせむ[寛],
かぜもふかぬか,[寛]かせもふかぬか,
なみたてずして,[寛]なみたたすして,

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました