万葉集1133番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1133番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1133番について

歌番号

1133番

原文

皇祖神之|神宮人|冬薯蕷葛|弥常敷尓|吾反将見

訓読

すめろきの神の宮人ところづらいやとこしくに我れかへり見む

かな読み

すめろきの|かみのみやひと|ところづら|いやとこしくに|われかへりみむ

カタカナ読み

スメロキノ|カミノミヤヒト|トコロヅラ|イヤトコシクニ|ワレカヘリミム

ローマ字読み|大文字

SUMEROKINO|KAMINOMIYAHITO|TOKOROZURA|IYATOKOSHIKUNI|WAREKAHERIMIMU

ローマ字読み|小文字

sumerokino|kaminomiyahito|tokorozura|iyatokoshikuni|warekaherimimu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|地名|土地讃美

校異

特に無し

寛永版本

すめろきの[寛],
かみのみやひと[寛],
ところづら,[寛]さねかつら,
いやとこしくに,[寛]いやとこしきに,
われかへりみむ[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました