万葉集1190番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1190番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1190番について

歌番号

1190番

原文

舟盡|可志振立而|廬利為|名子江乃濱邊|過不勝鳧

訓読

舟泊ててかし振り立てて廬りせむ名児江の浜辺過ぎかてぬかも

かな読み

ふねはてて|かしふりたてて|いほりせむ|なごえのはまへ|すぎかてぬかも

カタカナ読み

フネハテテ|カシフリタテテ|イホリセム|ナゴエノハマヘ|スギカテヌカモ

ローマ字読み|大文字

FUNEHATETE|KASHIFURITATETE|IHORISEMU|NAGOENOHAMAHE|SUGIKATENUKAMO

ローマ字読み|小文字

funehatete|kashifuritatete|ihorisemu|nagoenohamahe|sugikatenukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|大阪|土地讃美|地名

校異

特に無し

寛永版本

ふねはてて[寛],
かしふりたてて[寛],
いほりせむ,[寛]いほりする,
なごえのはまへ,[寛]なこえのはまへ,
すぎかてぬかも,[寛]すきかてぬかも,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました