万葉集1361番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1361番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1361番について

歌番号

1361番

原文

墨吉之|淺澤小野之|垣津幡|衣尓揩著|将衣日不知毛

訓読

住吉の浅沢小野のかきつはた衣に摺り付け着む日知らずも

かな読み

すみのえの|あささはをのの|かきつはた|きぬにすりつけ|きむひしらずも

カタカナ読み

スミノエノ|アササハヲノノ|カキツハタ|キヌニスリツケ|キムヒシラズモ

ローマ字読み|大文字

SUMINOENO|ASASAHAONONO|KAKITSUHATA|KINUNISURITSUKE|KIMUHISHIRAZUMO

ローマ字読み|小文字

suminoeno|asasahaonono|kakitsuhata|kinunisuritsuke|kimuhishirazumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|大阪|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

すみのえの[寛],
あささはをのの[寛],
かきつはた[寛],
きぬにすりつけ[寛],
きむひしらずも,[寛]きむひしらすも,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました