万葉集1106番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1106番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1106番について

歌番号

1106番

原文

河豆鳴|清川原乎|今日見而者|何時可越来而|見乍偲食

訓読

かはづ鳴く清き川原を今日見てはいつか越え来て見つつ偲はむ

かな読み

かはづなく|きよきかはらを|けふみては|いつかこえきて|みつつしのはむ

カタカナ読み

カハヅナク|キヨキカハラヲ|ケフミテハ|イツカコエキテ|ミツツシノハム

ローマ字読み|大文字

KAHAZUNAKU|KIYOKIKAHARAO|KEFUMITEHA|ITSUKAKOEKITE|MITSUTSUSHINOHAMU

ローマ字読み|小文字

kahazunaku|kiyokikaharao|kefumiteha|itsukakoekite|mitsutsushinohamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|動物

校異

河【類】【紀】(塙)川

寛永版本

かはづなく,[寛]かはつなく,
きよきかはらを[寛],
けふみては[寛],
いつかこえきて[寛],
みつつしのはむ[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました