万葉集1296番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1296番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1296番について

歌番号

1296番

原文

今造|斑衣服|面<影>|吾尓所念|末服友

訓読

今作る斑の衣面影に我れに思ほゆいまだ着ねども

かな読み

いまつくる|まだらのころも|おもかげに|われにおもほゆ|いまだきねども

カタカナ読み

イマツクル|マダラノコロモ|オモカゲニ|ワレニオモホユ|イマダキネドモ

ローマ字読み|大文字

IMATSUKURU|MADARANOKOROMO|OMOKAGENI|WARENIOMOHOYU|IMADAKINEDOMO

ローマ字読み|小文字

imatsukuru|madaranokoromo|omokageni|wareniomohoyu|imadakinedomo

左注|左註

右十五首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|非略体

校異

歌【西】謌|就->影(塙)

寛永版本

いまつくる,[寛]いますへる,
まだらのころも,[寛]またらころもは,
おもかげに,[寛]めにつくと,
われにおもほゆ[寛],
いまだきねども,[寛]いまたきねとも,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました