万葉集1196番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1196番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1196番について

歌番号

1196番

原文

欲得褁登|乞者令取|貝拾|吾乎沾莫|奥津白浪

訓読

つともがと乞はば取らせむ貝拾ふ我れを濡らすな沖つ白波

かな読み

つともがと|こはばとらせむ|かひひりふ|われをぬらすな|おきつしらなみ

カタカナ読み

ツトモガト|コハバトラセム|カヒヒリフ|ワレヲヌラスナ|オキツシラナミ

ローマ字読み|大文字

TSUTOMOGATO|KOHABATORASEMU|KAHIHIRIFU|WAREONURASUNA|OKITSUSHIRANAMI

ローマ字読み|小文字

tsutomogato|kohabatorasemu|kahihirifu|wareonurasuna|okitsushiranami

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

つともがと,[寛]いてつとと,
こはばとらせむ,[寛]こははとらせむ,
かひひりふ,[寛]かひひろふ,
われをぬらすな[寛],
おきつしらなみ[寛],

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました