万葉集1176番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1176番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1176番について

歌番号

1176番

原文

夏麻引|海上滷乃|<奥>洲尓|鳥<者>簀竹跡|君者音文不為

訓読

夏麻引く海上潟の沖つ洲に鳥はすだけど君は音もせず

かな読み

なつそびく|うなかみがたの|おきつすに|とりはすだけど|きみはおともせず

カタカナ読み

ナツソビク|ウナカミガタノ|オキツスニ|トリハスダケド|キミハオトモセズ

ローマ字読み|大文字

NATSUSOBIKU|UNAKAMIGATANO|OKITSUSUNI|TORIHASUDAKEDO|KIMIHAOTOMOSEZU

ローマ字読み|小文字

natsusobiku|unakamigatano|okitsusuni|torihasudakedo|kimihaotomosezu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|千葉|地名|動物

校異

奥津->奥【元】【類】【紀】|->者【西(右書)】【元】【類】【紀】|君者【類】【古】【紀】君

寛永版本

なつそびく,[寛]なつそひく,
うなかみがたの,[寛]うなかみかたの,
おきつすに[寛],
とりはすだけど,[寛]とりはすたけと,
きみはおともせず,[寛]きみはおともせす,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました