万葉集1102番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1102番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1102番について

歌番号

1102番

原文

大王之|御笠山之|帶尓為流|細谷川之|音乃清也

訓読

大君の御笠の山の帯にせる細谷川の音のさやけさ

かな読み

おほきみの|みかさのやまの|おびにせる|ほそたにがはの|おとのさやけさ

カタカナ読み

オホキミノ|ミカサノヤマノ|オビニセル|ホソタニガハノ|オトノサヤケサ

ローマ字読み|大文字

OHOKIMINO|MIKASANOYAMANO|OBINISERU|HOSOTANIGAHANO|OTONOSAYAKESA

ローマ字読み|小文字

ohokimino|mikasanoyamano|obiniseru|hosotanigahano|otonosayakesa

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|三笠山|奈良|地名|枕詞|叙景|土地讃美

校異

特に無し

寛永版本

おほきみの[寛],
みかさのやまの[寛],
おびにせる,[寛]おひにせる,
ほそたにがはの,[寛]ほそたにかはの,
おとのさやけさ[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました