万葉集1085番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1085番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1085番について

歌番号

1085番

原文

妹之當|吾袖将振|木間従|出来月尓|雲莫棚引

訓読

妹があたり我が袖振らむ木の間より出で来る月に雲なたなびき

かな読み

いもがあたり|わはそでふらむ|このまより|いでくるつきに|くもなたなびき

カタカナ読み

イモガアタリ|ワハソデフラム|コノマヨリ|イデクルツキニ|クモナタナビキ

ローマ字読み|大文字

IMOGAATARI|WAHASODEFURAMU|KONOMAYORI|IDEKURUTSUKINI|KUMONATANABIKI

ローマ字読み|小文字

imogaatari|wahasodefuramu|konomayori|idekurutsukini|kumonatanabiki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|恋情

校異

特に無し

寛永版本

いもがあたり,[寛]いもかあたり,
わはそでふらむ,[寛]わかそてふらむ,
このまより[寛],
いでくるつきに,[寛]いてくるつきに,
くもなたなびき,[寛]くもなたなひき,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました