万葉集1289番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1289番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1289番について

歌番号

1289番

原文

垣越|犬召越|鳥猟為公|青山|<葉>茂山邊|馬安<公>

訓読

垣越しに犬呼び越して鳥猟する君青山の茂き山辺に馬休め君

かな読み

かきごしに|いぬよびこして|とがりするきみ|あをやまの|しげきやまへに|うまやすめきみ

カタカナ読み

カキゴシニ|イヌヨビコシテ|トガリスルキミ|アヲヤマノ|シゲキヤマヘニ|ウマヤスメキミ

ローマ字読み|大文字

KAKIGOSHINI|INUYOBIKOSHITE|TOGARISURUKIMI|AOYAMANO|SHIGEKIYAMAHENI|UMAYASUMEKIMI

ローマ字読み|小文字

kakigoshini|inuyobikoshite|togarisurukimi|aoyamano|shigekiyamaheni|umayasumekimi

左注|左註

右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|旋頭歌|誘媿歌|略体|動物

校異

等->葉【西(訂正右書)】【元】【古】【紀】|君->公【元】【古】【紀】【温】

寛永版本

かきごしに,[寛]かきこしに,
いぬよびこして,[寛]いぬよひこして,
とがりするきみ,[寛]とかりするきみ,
あをやまの[寛],
しげきやまへに,[寛]しけきやまへに,
うまやすめきみ,[寛]うまやすめよきみ,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました