万葉集1341番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1341番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1341番について

歌番号

1341番

原文

真珠付|越能菅原|吾不苅|人之苅巻|惜菅原

訓読

真玉つく越智の菅原我れ刈らず人の刈らまく惜しき菅原

かな読み

またまつく|をちのすがはら|われからず|ひとのからまく|をしきすがはら

カタカナ読み

マタマツク|ヲチノスガハラ|ワレカラズ|ヒトノカラマク|ヲシキスガハラ

ローマ字読み|大文字

MATAMATSUKU|OCHINOSUGAHARA|WAREKARAZU|HITONOKARAMAKU|OSHIKISUGAHARA

ローマ字読み|小文字

matamatsuku|ochinosugahara|warekarazu|hitonokaramaku|oshikisugahara

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|植物

校異

特に無し

寛永版本

またまつく[寛],
をちのすがはら,[寛]こしのすかはふ,
われからず,[寛]われからて,
ひとのからまく[寛],
をしきすがはら,[寛]をしきすかはら,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました