万葉集1250番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1250番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1250番について

歌番号

1250番

原文

妹為|菅實採|行吾|山路惑|此日暮

訓読

妹がため菅の実摘みに行きし我れ山道に惑ひこの日暮らしつ

かな読み

いもがため|すがのみつみに|ゆきしわれ|やまぢにまとひ|このひくらしつ

カタカナ読み

イモガタメ|スガノミツミニ|ユキシワレ|ヤマヂニマトヒ|コノヒクラシツ

ローマ字読み|大文字

IMOGATAME|SUGANOMITSUMINI|YUKISHIWARE|YAMAJINIMATOHI|KONOHIKURASHITSU

ローマ字読み|小文字

imogatame|suganomitsumini|yukishiware|yamajinimatohi|konohikurashitsu

左注|左註

右四首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|略体|植物

校異

特に無し

寛永版本

いもがため,[寛]いもかため,
すがのみつみに,[寛]すかのみとりて,
ゆきしわれ,[寛]ゆくわれを,
やまぢにまとひ,[寛]やまちまとひて,
このひくらしつ[寛],

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました