万葉集1414番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1414番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1414番について

歌番号

1414番

原文

薦枕|相巻之兒毛|在者社|夜乃深良久毛|吾惜責

訓読

薦枕相枕きし子もあらばこそ夜の更くらくも我が惜しみせめ

かな読み

こもまくら|あひまきしこも|あらばこそ|よのふくらくも|わがをしみせめ

カタカナ読み

コモマクラ|アヒマキシコモ|アラバコソ|ヨノフクラクモ|ワガヲシミセメ

ローマ字読み|大文字

KOMOMAKURA|AHIMAKISHIKOMO|ARABAKOSO|YONOFUKURAKUMO|WAGAOSHIMISEME

ローマ字読み|小文字

komomakura|ahimakishikomo|arabakoso|yonofukurakumo|wagaoshimiseme

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

こもまくら[寛],
あひまきしこも[寛],
あらばこそ,[寛]あらはこそ,
よのふくらくも[寛],
わがをしみせめ,[寛]われをしみせめ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました