万葉集1145番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1145番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1145番について

歌番号

1145番

原文

為妹|貝乎拾等|陳奴乃海尓|所沾之袖者|雖涼常不干

訓読

妹がため貝を拾ふと茅渟の海に濡れにし袖は干せど乾かず

かな読み

いもがため|かひをひりふと|ちぬのうみに|ぬれにしそでは|ほせどかわかず

カタカナ読み

イモガタメ|カヒヲヒリフト|チヌノウミニ|ヌレニシソデハ|ホセドカワカズ

ローマ字読み|大文字

IMOGATAME|KAHIOHIRIFUTO|CHINUNOMINI|NURENISHISODEHA|HOSEDOKAWAKAZU

ローマ字読み|小文字

imogatame|kahiohirifuto|chinunomini|nurenishisodeha|hosedokawakazu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|大阪|羈旅|地名

校異

特に無し

寛永版本

いもがため,[寛]いもかため,
かひをひりふと,[寛]かひをひろふと,
ちぬのうみに[寛],
ぬれにしそでは,[寛]ぬれにしそては,
ほせどかわかず,[寛]ほせとかはかす,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました