万葉集1237番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1237番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1237番について

歌番号

1237番

原文

静母|岸者波者|縁家留香|此屋通|聞乍居者

訓読

静けくも岸には波は寄せけるかこれの屋通し聞きつつ居れば

かな読み

しづけくも|きしにはなみは|よせけるか|これのやとほし|ききつつをれば

カタカナ読み

シヅケクモ|キシニハナミハ|ヨセケルカ|コレノヤトホシ|キキツツヲレバ

ローマ字読み|大文字

SHIZUKEKUMO|KISHINIHANAMIHA|YOSEKERUKA|KORENOYATOHOSHI|KIKITSUTSUOREBA

ローマ字読み|小文字

shizukekumo|kishinihanamiha|yosekeruka|korenoyatohoshi|kikitsutsuoreba

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

しづけくも,[寛]しつかにも,
きしにはなみは[寛],
よせけるか,[寛]よりけるか,
これのやとほし[寛],
ききつつをれば,[寛]ききつつをれは,

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました