万葉集1295番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1295番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1295番について

歌番号

1295番

原文

春日在|三笠乃山二|月船出|遊士之|飲酒坏尓|陰尓所見管

訓読

春日なる御笠の山に月の舟出づ風流士の飲む酒杯に影に見えつつ

かな読み

かすがなる|みかさのやまに|つきのふねいづ|みやびをの|のむさかづきに|かげにみえつつ

カタカナ読み

カスガナル|ミカサノヤマニ|ツキノフネイヅ|ミヤビヲノ|ノムサカヅキニ|カゲニミエツツ

ローマ字読み|大文字

KASUGANARU|MIKASANOYAMANI|TSUKINOFUNEIZU|MIYABIONO|NOMUSAKAZUKINI|KAGENIMIETSUTSU

ローマ字読み|小文字

kasuganaru|mikasanoyamani|tsukinofuneizu|miyabiono|nomusakazukini|kagenimietsutsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|旋頭歌|奈良|宴席|地名

校異

特に無し

寛永版本

かすがなる,[寛]かすかなる,
みかさのやまに[寛],
つきのふねいづ,[寛]つきのふねいつ,
みやびをの,[寛]たはれをの,
のむさかづきに,[寛]のむさかつきに,
かげにみえつつ,[寛]かけにみへつつ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました