万葉集1337番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1337番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1337番について

歌番号

1337番

原文

葛城乃|高間草野|早知而|標指益乎|今悔拭

訓読

葛城の高間の草野早知りて標刺さましを今ぞ悔しき

かな読み

かづらきの|たかまのかやの|はやしりて|しめささましを|いまぞくやしき

カタカナ読み

カヅラキノ|タカマノカヤノ|ハヤシリテ|シメササマシヲ|イマゾクヤシキ

ローマ字読み|大文字

KAZURAKINO|TAKAMANOKAYANO|HAYASHIRITE|SHIMESASAMASHIO|IMAZOKUYASHIKI

ローマ字読み|小文字

kazurakino|takamanokayano|hayashirite|shimesasamashio|imazokuyashiki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|葛城|奈良|恋愛|後悔|地名

校異

特に無し

寛永版本

かづらきの,[寛]かつらきの,
たかまのかやの,[寛]たかまのくさの,
はやしりて[寛],
しめささましを[寛],
いまぞくやしき,[寛]いまそくやしき,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました