万葉集1340番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1340番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1340番について

歌番号

1340番

原文

紫|絲乎曽吾搓|足桧之|山橘乎|将貫跡念而

訓読

紫の糸をぞ我が搓るあしひきの山橘を貫かむと思ひて

かな読み

むらさきの|いとをぞわがよる|あしひきの|やまたちばなを|ぬかむとおもひて

カタカナ読み

ムラサキノ|イトヲゾワガヨル|アシヒキノ|ヤマタチバナヲ|ヌカムトオモヒテ

ローマ字読み|大文字

MURASAKINO|ITOZOWAGAYORU|ASHIHIKINO|YAMATACHIBANAO|NUKAMUTOMOHITE

ローマ字読み|小文字

murasakino|itozowagayoru|ashihikino|yamatachibanao|nukamutomohite

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|植物

校異

特に無し

寛永版本

むらさきの[寛],
いとをぞわがよる,[寛]いとをそわれよる,
あしひきの[寛],
やまたちばなを,[寛]やまたちはなを,
ぬかむとおもひて[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました