万葉集1345番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1345番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1345番について

歌番号

1345番

原文

常不|人國山乃|秋津野乃|垣津幡鴛|夢見鴨

訓読

常ならぬ人国山の秋津野のかきつはたをし夢に見しかも

かな読み

つねならぬ|ひとくにやまの|あきづのの|かきつはたをし|いめにみしかも

カタカナ読み

ツネナラヌ|ヒトクニヤマノ|アキヅノノ|カキツハタヲシ|イメニミシカモ

ローマ字読み|大文字

TSUNENARANU|HITOKUNIYAMANO|AKIZUNONO|KAKITSUHATAOSHI|IMENIMISHIKAMO

ローマ字読み|小文字

tsunenaranu|hitokuniyamano|akizunono|kakitsuhataoshi|imenimishikamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|和歌山|恋愛|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

つねならぬ[寛],
ひとくにやまの[寛],
あきづのの,[寛]あきつのの,
かきつはたをし[寛],
いめにみしかも,[寛]ゆめにみるかも,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました