万葉集1126番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1126番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1126番について

歌番号

1126番

原文

年月毛|末經尓|明日香<川>|湍瀬由渡之|石走無

訓読

年月もいまだ経なくに明日香川瀬々ゆ渡しし石橋もなし

かな読み

としつきも|いまだへなくに|あすかがは|せぜゆわたしし|いしはしもなし

カタカナ読み

トシツキモ|イマダヘナクニ|アスカガハ|セゼユワタシシ|イシハシモナシ

ローマ字読み|大文字

TOSHITSUKIMO|IMADAHENAKUNI|ASUKAGAHA|SEZEYUWATASHISHI|ISHIHASHIMONASHI

ローマ字読み|小文字

toshitsukimo|imadahenakuni|asukagaha|sezeyuwatashishi|ishihashimonashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|飛鳥|地名

校異

河->川【類】【紀】【古】【紀】

寛永版本

としつきも[寛],
いまだへなくに,[寛]いまたへなくに,
あすかがは,[寛]あすかかは,
せぜゆわたしし,[寛]せせにわたしし,
いしはしもなし[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました