万葉集1173番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1173番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1173番について

歌番号

1173番

原文

斐太人之|真木流云|尓布乃河|事者雖通|船會不通

訓読

飛騨人の真木流すといふ丹生の川言は通へど舟ぞ通はぬ

かな読み

ひだひとの|まきながすといふ|にふのかは|ことはかよへど|ふねぞかよはぬ

カタカナ読み

ヒダヒトノ|マキナガストイフ|ニフノカハ|コトハカヨヘド|フネゾカヨハヌ

ローマ字読み|大文字

HIDAHITONO|MAKINAGASUTOIFU|NIFUNOKAHA|KOTOHAKAYOHEDO|FUNEZOKAYOHANU

ローマ字読み|小文字

hidahitono|makinagasutoifu|nifunokaha|kotohakayohedo|funezokayohanu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|岐阜県|小八賀川|謡物|地名

校異

特に無し

寛永版本

ひだひとの,[寛]ひたひとの,
まきながすといふ,[寛]まきなかすてふ,
にふのかは[寛],
ことはかよへど,[寛]ことはかよへと,
ふねぞかよはぬ,[寛]ふねそかよはぬ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました