万葉集1344番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1344番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1344番について

歌番号

1344番

原文

真鳥住|卯名手之神社之|菅根乎|衣尓書付|令服兒欲得

訓読

真鳥棲む雲梯の杜の菅の根を衣にかき付け着せむ子もがも

かな読み

まとりすむ|うなてのもりの|すがのねを|きぬにかきつけ|きせむこもがも

カタカナ読み

マトリスム|ウナテノモリノ|スガノネヲ|キヌニカキツケ|キセムコモガモ

ローマ字読み|大文字

MATORISUMU|UNATENOMORINO|SUGANONEO|KINUNIKAKITSUKE|KISEMUKOMOGAMO

ローマ字読み|小文字

matorisumu|unatenomorino|suganoneo|kinunikakitsuke|kisemukomogamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|橿原|奈良|恋愛|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

まとりすむ[寛],
うなてのもりの[寛],
すがのねを,[寛]すかのねを,
きぬにかきつけ[寛],
きせむこもがも,[寛]きせむこもかな,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました